2005年 06月 18日 ( 1 )

レビュー更新……

 関裕二著「聖徳太子は曽我入鹿である」のレビューを追加。
 インパクトのあるタイトルで、一見トンデモな本にも見えますが、綿密な検証に基づきかかれた本です。
 飛鳥時代や聖徳太子に興味がある方にはオススメ。
[PR]
by hikami_hirokazu | 2005-06-18 23:30 | 日記